しゃりが旅立ち、1週間経ちました。

しゃりの突然の旅立ちから、1週間経ちました。

たくさんの方からメッセージを頂いたり、
お友達が家に遊びに来てくれたり、ランチに誘ってくれたり、周りの方に支えられて、
おかげさまで、しゃりままは元気にしています。





引きこもりたいと思う気持ちもなかったのですが、そう思ったとしても、このふたりのおかげで、引きこもれません(笑。
お天気が良いので、家の周りを散歩したり、庭で遊んだり。
太陽と春の風に癒されています。

f0227709_255948.jpg


f0227709_2552398.jpg


家に来た日から6年半しゃり姉と一緒だったひゅーのことが心配でした。
最初2日間ほど、とてもおとなしかったです。

f0227709_2551067.jpg


ショックで・・・というより、しゃり姉が体調を崩した2日間、わたしがウロウロしたり、
いつもは夜は寝室のクレートに入って安心して休むのに、しゃりのお世話がラクなようにと
リビングで夜も過ごしていたわたしに付き合って、ひゅーも眠りが浅かったのかもしれません。
いつもは、夜遅くなると、寝室のクレートで寝たいんですけど、と寝室のドアの前でアピール
するのに、しゃり姉とリビングで過ごした2晩は、一度もそんなことせず、
一緒にいてくれたこと、本当にひゅーには感謝です。

ゆっくり休んで、また一緒に遊ぼうね、と少しのんびり過ごしました。

f0227709_2551217.jpg


しゃりは、いつか日本に帰国するときに一緒に連れて帰れるように、火葬してもらいました。
お寺さんではありませんが、ペットのメモリアルサービスを行うところがヒューストン近郊に
数カ所あります。その1カ所にお願いしました。

しゃりが旅立った日は、あまりに突然なことだったし、気持ちの整理もしたくて、
一晩しゃりを家に置くことにし、しゃりと親しくしてくれたお友達数人に来てもらったり、
しゃりを思いながら大泣きしました。

翌朝、前日に予約しておいたメモリアルサービスに、しゃりを連れていきました。
しゃりを預けることに、とても抵抗があるだろうと自分で想像していましたが、その場所は
とてもとても穏やかで、お天気がよくて、緑が多くて、とても気持ちの良い場所で、
話を聞いてくれた方もとても良くしてくださり、その場所でも、ものすごく泣きましたが、
きちんと納得して、安心して、しゃりをお願いしてきました。

しゃりと歩いた、ドイツのような、緑が多くて広々した場所で、しゃりも嬉しかっただろう
なあと思います。

翌日、しゃりを迎えに行きました。

こんなに、良いお天気でした。

f0227709_2551438.jpg


f0227709_2551393.jpg


素敵な箱に入って、名前と、メッセージと、日付を入れてもらったプレートがついて、
しゃりは家に戻ってきました。たくさんのお花に囲まれて、お花畑にいるようです。

f0227709_2551742.jpg


しゃりが家に戻って来た翌日は3月14日でした。
今年のいぬめくりカレンダーに、しゃりひゅーの写真が掲載された日です。
掲載が決まったときは、しゃりが11歳7ヶ月になる14日の日になったと喜びました。
まさか、しゃりがその直前に旅立つとは思いもよりませんでしたが、しゃりの花畑に
またひとつお花の写真が加わったようでにぎやかです。

f0227709_255163.jpg


木曜日には、いつも通り、ひゅーとアジリティクラスに出てきました。
ひゅーも楽しそうで、こうして出かける場所があって本当に良かったと思いました。

f0227709_2551590.jpg


満足して、ぐっすり。

f0227709_2551875.jpg


ちょうど1週間目を迎える、月曜日から火曜日の朝は、やはり色々思い出して、涙しました。
色々考えても、これ以上ないパーフェクトな旅立ちだったと思えるとはいえ、最後の瞬間、
なにを思ったのかしらとか、仮にしゃりが隣にいたとしても、なにを考えているかなんて
教えてくれないのに、つい考えてしまいました。

f0227709_2552294.jpg


それでも、最初の2日間と、1週間の節目に、思い切り泣いた分、すっきりできました。
娘とひゅーのためにも、今後はしゃりスマイルを常に思い出しつつ、過ごそうと思っています。

ちょうど、しゃりまま・だんなが出張で、なにかに集中していたかったので、
時間があるときに、お花をくださった方々に、お礼状を作りました。
しゃりスマイルを広めたくて、しゃりがブルーボネット花畑の中で笑っている写真を添えました。

f0227709_2552543.jpg


しゃり、ママは大丈夫だからね。
これからも、うちの子で、みんなを見守ってね。よろしくね。
[PR]
by schalihugo | 2014-03-18 22:53 | しゃりの旅立ち


2010年5月に東京からヒューストンに引っ越して来たコーギーのシャーリとベルジアンタービュレンのヒューゴのブログです。


by schalihugo

プロフィールを見る
画像一覧

<Profile>

しゃりまま:
南アフリカ、ドイツで合計7年間暮らした後、ドイツ系企業に勤務。「家庭犬のしつけ」に興味を持ち勉強を始め、2004年から東京のCan! Do! Pet Dog Schoolに所属。2010年5月に米国テキサス州に引っ越し、犬三昧な日々。CPDT-KSA.
ブログ ヒューストン犬便り

シャーリ(Schali):
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク。2002年8月14日生まれの女の子。しゃりままと一緒に3度ドイツに渡り、ドイツ、チェコ、フランス、ベルギー、ルクセンブルクを旅した旅犬。日本は北海道と沖縄に行って全国制覇・・・したつもり?!
2014年3月11日に、11歳6ヶ月で虹の橋へ旅立ちました。

ヒューゴ(Hugo):
ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン。2008年7月8日生まれの男の子。格好良いシティボーイを目指すはずが、インターナショナルシティボーイに路線変更。ともすると、カウボーイに変更か?!2013年7月、念願のCGC合格♪

最新の記事

いぬのきーもち♪
at 2015-03-17 23:23
バディくんが遊びに来た♪
at 2015-03-17 23:13
We ♡ Houstonの絵..
at 2015-03-14 22:13
折り畳みクレート
at 2015-03-13 23:59
宝物
at 2015-03-13 09:40
プレイデート
at 2015-03-12 23:20
しゃりがいなくなって、1年
at 2015-03-11 23:00
あの日から、もうすぐ1年
at 2015-03-10 23:59
また、雨!
at 2015-03-09 20:13
久しぶり!
at 2015-03-06 22:30

カテゴリ

全体
プロフィール/ Profile
Houston 日常
東京→ヒューストン
渡航準備:動物検疫所
渡航準備:米国大使館
渡航準備:航空会社
渡航準備:獣医さん
渡航準備:抗体価検査
渡航準備:その他
しゃりままのひとりごと
ヒューストンライフ
バードウォッチング
ドッグパーク/ Dog Park
旅(犬連れ)
旅(犬なし)
料理
しつけトレーニング
アジリティ/ Agility
ドッグショー/ Dog Show
雑誌のお仕事
乗馬
SPCA
獣医さん
Baby preparation
娘の成長記
テキサスの空
娘と犬たち
ひゅーの発作
Love photo
しゃりの旅立ち
お絵描き
未分類

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

お気に入りブログ

おちゃめな、プリティなS...
Schali's Tag...
どこまでもいっしょ。 ~...
Hugo's Allta...
那須高原のサンドラファミリー
SunSun Tia
Hugo's Tokyo...

ライフログ


旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧