カテゴリ:しゃりの旅立ち( 8 )

しゃりがいなくなって、1年

1年前の3月11日、しゃりが虹の橋を渡った日です。

もう、1年経ってしまいました。
もう1年?
1年間、しゃりのこと、さわってないの?
1年間、しゃりの姿、見てないの?
1年間、しゃりの足音、聞いてないの?
信じられないぐらいです。
でも、1年経ってしまいました。

今でも、家のどこかでお昼寝しているだけで、呼べば飛んでくる気がします。

・・・この1年間・・・
[PR]
by schalihugo | 2015-03-11 23:00 | しゃりの旅立ち

あの日から、もうすぐ1年

しゃりが虹の橋を渡った日から、もう少しで1年経とうとしています。

つい、色々考えてしまいます。

1年前の今は、まだしゃりが横にいたのです。
体調悪かったけど、まさか数時間後に旅立ってしまうとは思わず
明日も普通に朝が訪れるものだとばかり。

あのとき、こうしてたら、もしかしたら、、、とキリがありません。

3月11日の早朝のことが思い出されて息が詰まりそうになります。

なにかに集中していたくて、夜中にイチゴのケーキを作りました。

f0227709_15445355.jpg


しゃりが旅立った日は、しゃりまま・だんなの誕生日。
しゃりの誕生日と娘の誕生日。
そんなつながりすら、寂しく、悲しく、思っていましたが、
ケーキを作りながら、ふと、気がつきました。

もし、普通の日にしゃりがいなくなってたら、もっと大変だったかもしれない。
誕生日なら、やれご飯の準備だ、ケーキだ、プレゼントだと、忙しくして気が紛れる。

やっと、わかった?
だから、この日にしたの。
泣いてないで、大事な家族のために、忙がしくしてなさーい。

しゃりからのメッセージが届いた気がしました。

どこまでも完璧に思えるしゃり。
しゃりまま、がんばるからね。
[PR]
by schalihugo | 2015-03-10 23:59 | しゃりの旅立ち

やっと

3月になりました。

やっと、しゃりの洋服を洗濯しようかなという気になりました。

f0227709_742868.jpg


洗濯機に入れる前に、コロコロで毛を取りながら、しゃりの毛だなあと。
それすらなんだか愛おしい。

洗濯し終わっても、頑張ってくっついていた毛は、大事に(?)
そのまま洋服につけたままにしておきました。

しゃり、お衣装持ちだったね。
[PR]
by schalihugo | 2015-03-01 15:41 | しゃりの旅立ち

しゃりの虹

前の家で、娘が見つけたしゃりの虹
最初に気付いたときは本当に息が止まりそうなぐらい驚きました。

それからも、晴れた日の夕方は、今日もしゃりの虹、出てるかな、と
娘と見るのが楽しみでした。

しゃりが旅立った場所のすぐ近くで、そこにいて虹を眺めていると、
しゃりの存在を感じられるような気がする一方で、横たわるしゃりの姿が
フラッシュバックするようで、息苦しいような感覚があり、複雑でした。

でも、しゃりがそこにいた証拠がある。
そんな前の家から引っ越しをすることには、多少、気持ちの抵抗がありました。
しゃりがここで飛び跳ねていた、ここで息をしていた、その空間に立ち入れなく
なるのは、なんとも、寂しい。

・・・ただ、どう考えても、ヒューストンの家は仮住まい。しゃりまま・だんなの
海外駐在が終われば、いずれは、この家を出ることは必須。
そう考えると、この家を出ることも少し受け入れられる気がしました。

気がつけば、しゃりの四十九日も過ぎていました。
ちょうど、四十九日が過ぎた直後に、家のオーナーから次の契約更新について話が
あり、家を出ることが決まりました。
ちょうど、その頃、太陽のルートが少し変わったためか、しゃりの虹があまり
見られなくなっていました。

・・・この家にしがみつかなくていいよって、しゃりからの心遣いかな。

しゃりが旅立ってから、たくさんの不思議なことが起こりました。
すべて偶然かもしれないけど、すべてしゃりからの気持ちだと思うことにしています。
周りの人からみれば、こじつけのようなことも、全部全部、しゃりのプレゼントと
思うことで、しゃりままの気分が少しラクになるのです。
勝手だけど、しゃり、ありがとう。

新しい家に引っ越してから、ないとは思いつつ、しゃりからの何か「サイン」は
ないのかなあと思ったりしていました。
虹、ない?ないねえ。
そうだよね、そんな偶然続かないよね。

でも、ありました。

今朝、娘をナーサリーに送るのに準備をしていると、ちょうど玄関の方から朝日が
差し込んでいて、そこに、とても淡い色の虹を発見。

f0227709_14282785.jpg


携帯の写真では、あまり色が分かりませんが、ちょうど、階段下においてある、
しゃりの写真のすぐ横でした。

f0227709_14282964.jpg


ちゃんと、新しい家に一緒に引っ越して来てくれたんだね、と、ちょっと
嬉しくなったしゃりままでした。

・・・後日、再度、虹の撮影を試みる・・・
前の家の虹ほど鮮やかではありませんが、しゃりままには、十分な癒しです。
なにより、しゃりの写真のすぐ横に登場してくれたのが、とっても嬉しい。
この家でも、家族みんな、しゃりに守られています。

f0227709_14322149.jpg

[PR]
by schalihugo | 2014-07-02 22:40 | しゃりの旅立ち

いつも目に入る場所に

ずっと作りたかったもの。

しゃり姉のPaw Printを入れた額。

メモリアルサービスにしゃり姉を託したあと、足形を取ってくださいました。
面白いことに、Nose Print(鼻形)も取ってくださいました(笑。

見た瞬間、足形を額に入れて飾りたいなと思いました。
でも、家には気に入った額がありませんでした。
そのあと、家の工事などでバタバタしていて、額を探しに行く時間がなくて、
やっと、今週になって時間が取れて、探しに行き、一目で気に入るものがありました。

f0227709_7375171.jpg


しゃりままが家にいる時間の大半を過ごす、キッチンから見える壁に。
写真は、去年の12月12日のもの。はじけんばかりのスマイルです。
[PR]
by schalihugo | 2014-04-16 18:37 | しゃりの旅立ち

娘が見つけた、虹の橋

ペットは、亡くなると、「虹の橋」へ旅立つという話がよく聞かれます。
もともとは、原作者不詳の詩「虹の橋」(原題は"Rainbow Bridge")。

天国の少し手前にある「虹の橋」と呼ばれるところで、亡くなった動物たちは
楽しく元気に遊んで暮らしながら、いつか、愛する人間が同じように天国に向かう
ために「虹の橋」にやってくるのを待っていて、一緒に「虹の橋」を渡るのだと。

原作者不詳のこの詩が、これだけ多くの言葉に翻訳され、たくさんのウェブサイト
でも紹介され、話し伝えられているのは、それだけペットを亡くし、悲しみ、
会いたくてたまらないと思う人の共感を得ているのだと思います。

しゃり姉が旅立ち、1ヶ月過ぎ、しゃりも、虹の橋で、しゃりままのことを、
待ってくれてるのかなあ、なんて、思ったりしています。
そう思うと、会うのが楽しみになるから、この詩の力は不思議なものです。

今日、不思議なことがありました。
夕方、家の中を片付けたり、洗濯物を片付けたり、家の中をうろうろしていると、
近くを歩いていた娘が、"Look mommy, Rainbow !" と嬉しそうに声をあげました。

こんな晴れた日に、虹?と思って娘が指差す方向を見ると、床に、小さな虹が出ていました。
10cmほどの小さな虹。でも色鮮やかで、はっきりとした虹でした。

一瞬、息が止まりました。

だって、その場所、しゃり姉が旅立った場所から、1mも離れてないような場所でした。

思わず、「虹の橋」の詩を思い浮かべました。

なに、虹の橋ってすっごく遠い場所にあって、しゃりはすっごく遠い場所に行ってしまった
と思ってたけど、実は、虹の橋って、こんな近くにあったの?!

驚きと、嬉しさと、寂しさとで、また泣きそうになりました。

f0227709_449278.jpg


f0227709_4493086.jpg


実際には、玄関のドアについた小さな窓に夕日が差し込み、それが反射して、夕方の短い
時間、こうして床に虹のような光が現れるだけのことなのですが、この家に住んでもうすぐ
4年経つのに、一度も気付いたことはありませんでした。
今日だって、娘が教えてくれなければ、きっと気付かなかったでしょう。

小さなコーギーのヌイグルミをおいてみるとますます、虹の橋に見えてきます(笑。

その日、夕食を食べながら、帰宅の遅いしゃりまま・だんなに、娘が虹を発見した話を
動画におさめて、見せてあげようと動画を撮りながら、娘と会話していたとき、
これまた不思議なことが・・・

しゃりまま:「虹みつけたの?」
娘:    (うなずく)
しゃりまま:「どこにあったの?あそこにあった?」
娘:    (うなずく)
しゃりまま:「みつけたの?」
娘:    (うなずく)
しゃりまま:「シャーリは虹が好き?」
娘:    (うなずく)
しゃりまま:「ヒューゴは虹が好き?」
娘:    (首を振る)
しゃりまま:「違うの?」
娘:    「ヒューゴはお花が好き。」
しゃりまま:「ヒューゴはお花が好きなの?」
娘:    (うなずく)
しゃりまま:「シャーリは?」
娘:    「虹。」
しゃりまま:「シャーリは虹が好きなの。じゃあ、シャーリはお花好き?」
娘:    「ノー。」
しゃりまま:「違うの?じゃあ、ヒューゴはお花好き?」
娘:    「イエス。」
しゃりまま:「シャーリは?」
娘:    「虹。」
しゃりまま:「そう思うの?」
娘:    「イエス。」


不思議なことに、娘は自信たっぷりにシャーリは虹が好きということを話しました。
もちろん、2歳8ヶ月の娘は「虹の橋」の詩を知りませんし、わたしも彼女にしゃりは
虹の橋に行ったと話したことはありません。しゃりと一緒に虹を見たこともありません。
上の、小さなコーギーのヌイグルミと小さな虹の写真を撮っていたのも知りません。
それなのに、どうして、しゃりと虹が結びついたのかしら。本当に不思議です。

幼い娘は、しゃり姉が旅立った日も、泣きませんでした。
しゃり姉がいないことも、特段悲しむこともなく、「かくれんぼしている」と表現します。
幼いから、しゃり姉がいなくなったことが理解できないんだ、それで良かったかもしれない、
と思ったりしていましたが、実際には、わたしが感じられないことを感じ、
わたしとは違う方法で今回のことを理解してるのかもしれないと思いました。

しゃり姉と同じ誕生日を選んで生まれて来た娘。
しゃりままが思う以上に深いところで、大好きなねーたんと繋がっているのかもしれません。

そんなことを通じて、またしゃり姉の存在の大きさを感じさせてくれた娘に、感謝しました。
これからは、晴れた日の夕方には、いつでも我が家にいながら虹の橋を走り回るしゃりに
出会えるような気分になります。虹が大好きという娘の発言を信じて、ハッピーにしている
と思えば、なによりではないですか。

幼い子供の、偶然の発言かもしれないけど、しゃり姉の旅立ちから1ヶ月ぐらい、
不思議なことがいくつかあるので、全て偶然で済ませず、しゃりの気持ちかなあと思って
しゃりのことを思うことにしています。

・・・Rainbow Bridge (Author unknown)
[PR]
by schalihugo | 2014-04-15 22:25 | しゃりの旅立ち

しゃりが旅立ち、1週間経ちました。

しゃりの突然の旅立ちから、1週間経ちました。

たくさんの方からメッセージを頂いたり、
お友達が家に遊びに来てくれたり、ランチに誘ってくれたり、周りの方に支えられて、
おかげさまで、しゃりままは元気にしています。

・・・この1週間の話を読んでくださる方は、ここをクリックしてください。
[PR]
by schalihugo | 2014-03-18 22:53 | しゃりの旅立ち

しゃりが旅立ちました。

(Photo taken on 2013.03.25, Navasota, TX)
f0227709_6192326.jpg



突然のことでわたし自身が驚きとショックでまだ気持ちの整理がついていない状態ですが、
シャーリが、3月11日(火)ヒューストン時間推定5時30分頃、永眠しました。

元気なシニアだねとしょっちゅう話題にするほどずっと元気で、11歳6ヶ月でした。
3月14日でちょうど11歳7ヶ月になるところでした。

たくさんの方に可愛がって頂いて、シャーリは幸せでした。ありがとうございました。
わたしも、シャーリを通じて、たくさんのお友達ができ、「しゃりまま」と呼ばれて幸せでした。

しばらくは、話をするたび涙してしまうかもしれませんが、思う存分泣こうと決めています。
今後は、残されたヒューゴ共々どうぞ宜しくお願い致します。

しゃりの話を読んでくださる方は、ここをクリックしてください。
[PR]
by schalihugo | 2014-03-16 14:16 | しゃりの旅立ち


2010年5月に東京からヒューストンに引っ越して来たコーギーのシャーリとベルジアンタービュレンのヒューゴのブログです。


by schalihugo

プロフィールを見る
画像一覧

<Profile>

しゃりまま:
南アフリカ、ドイツで合計7年間暮らした後、ドイツ系企業に勤務。「家庭犬のしつけ」に興味を持ち勉強を始め、2004年から東京のCan! Do! Pet Dog Schoolに所属。2010年5月に米国テキサス州に引っ越し、犬三昧な日々。CPDT-KSA.
ブログ ヒューストン犬便り

シャーリ(Schali):
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク。2002年8月14日生まれの女の子。しゃりままと一緒に3度ドイツに渡り、ドイツ、チェコ、フランス、ベルギー、ルクセンブルクを旅した旅犬。日本は北海道と沖縄に行って全国制覇・・・したつもり?!
2014年3月11日に、11歳6ヶ月で虹の橋へ旅立ちました。

ヒューゴ(Hugo):
ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン。2008年7月8日生まれの男の子。格好良いシティボーイを目指すはずが、インターナショナルシティボーイに路線変更。ともすると、カウボーイに変更か?!2013年7月、念願のCGC合格♪

最新の記事

いぬのきーもち♪
at 2015-03-17 23:23
バディくんが遊びに来た♪
at 2015-03-17 23:13
We ♡ Houstonの絵..
at 2015-03-14 22:13
折り畳みクレート
at 2015-03-13 23:59
宝物
at 2015-03-13 09:40
プレイデート
at 2015-03-12 23:20
しゃりがいなくなって、1年
at 2015-03-11 23:00
あの日から、もうすぐ1年
at 2015-03-10 23:59
また、雨!
at 2015-03-09 20:13
久しぶり!
at 2015-03-06 22:30

カテゴリ

全体
プロフィール/ Profile
Houston 日常
東京→ヒューストン
渡航準備:動物検疫所
渡航準備:米国大使館
渡航準備:航空会社
渡航準備:獣医さん
渡航準備:抗体価検査
渡航準備:その他
しゃりままのひとりごと
ヒューストンライフ
バードウォッチング
ドッグパーク/ Dog Park
旅(犬連れ)
旅(犬なし)
料理
しつけトレーニング
アジリティ/ Agility
ドッグショー/ Dog Show
雑誌のお仕事
乗馬
SPCA
獣医さん
Baby preparation
娘の成長記
テキサスの空
娘と犬たち
ひゅーの発作
Love photo
しゃりの旅立ち
お絵描き
未分類

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

お気に入りブログ

おちゃめな、プリティなS...
Schali's Tag...
どこまでもいっしょ。 ~...
Hugo's Allta...
那須高原のサンドラファミリー
SunSun Tia
Hugo's Tokyo...

ライフログ


旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧