「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

その他の航空会社でのペット移送

直行便を運行するコンチネンタル航空での輸送以外でも、乗り継ぎ便を利用して
ペットを輸送する可能性はあります。どの方法が良いか、現在情報収集中。
基本的には、乗継ぎ便の場合、乗り継ぎ地で引き取り、次のチェックインも自分で行う必要あり。
また、アメリカの国内線の飛行機の大きさによって、犬を預かれる頭数に違いが出る。

◎ ユナイテッド航空
輸送経路・・・乗り継ぎ便
輸送方法・・・機内または受託手荷物
同じ便でいけるかどうか・・・同じ便。同じ便でない場合は、「別送」と呼び、貨物扱い。
コスト・・・・受託手荷物としては、1頭あたり200〜400ドル(サイズに寄る)
HP・・・ペット

◎ デルタ航空
輸送経路・・・乗り継ぎ便
輸送方法・・・機内または受託手荷物
同じ便でいけるかどうか・・・同じ便。同じ便でない場合は、「別送」と呼び、貨物扱い。
コスト・・・・受託手荷物としては、1頭あたり230ドル
注意事項: 1フライトにつき、預かれるケージは2個までという制限あり。
5月15日から9月15日までは受託手荷物で犬を預けることができない時期。
HP・・・ペットの輸送について

◎ 全日空
輸送経路・・・乗り継ぎ便
輸送方法・・・受託手荷物
同じ便でいけるかどうか・・・同じ便。同じ便でない場合は貨物扱い。
コスト・・・・路線により異なるとあり詳細不明。
注意事項: 1フライトにつき、3旅客まで(3頭までの意?)
HP・・・ペットをお連れのお客様へ

◎ 日本航空
輸送経路・・・乗り継ぎ便
輸送方法・・・受託手荷物
同じ便でいけるかどうか・・・同じ便。同じ便でない場合は貨物扱い。
コスト・・・・HPからは詳細不明なので要確認。
注意事項: 頭数制限などの有無は要確認。
HP・・・ペットをお連れのお客様へ
[PR]
by schalihugo | 2010-03-26 23:56 | 渡航準備:航空会社

ヒューゴ2回目の狂犬病注射

f0227709_21104716.jpg


夕方、ひゅーを連れて獣医さんへ。

ヒューストンに行った後、日本への帰国がいつでもできるように、
狂犬病の抗体検査を受けて証明書を取っておかないといけません。
検査を受けるにあたり、マイクロチップ装着後2回の狂犬病注射が必要。
3月13日に確認した記事参照
でも、実はヒューゴはまだ1回しか受けていなかったので、本日注射!

今日から2週間程度経過したら、血液検査のための採血をしに行きます。
[PR]
by schalihugo | 2010-03-19 21:14 | 渡航準備:獣医さん

Nice to meet you all !

シャーリとヒューゴの日々を綴るブログへようこそ。

これまで、2つのブログでしゃり&ひゅーの日常を紹介していました。
  Schali's Tagebuch
  Hugo's Alltag & Album

2010年春に、アメリカのテキサス州ヒューストンへのお引っ越しが決まったことを機会に、
アメリカへの引越準備、ヒューストンでの生活を綴るブログを統一してしまおうと
このブログを新たに立ち上げることにしました。

しゃりままと、シャーリとヒューゴのヒューストンライフぜひご一緒に楽しんでください♪
2010年3月18日開設

f0227709_11471067.jpg f0227709_1147176.jpg

プロフィール

シャーリ
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2002年8月14日生まれ
メス(避妊済み)

ヒューゴ 
ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン
2008年7月8日生まれ
オス(去勢済み)
[PR]
by schalihugo | 2010-03-18 00:00 | プロフィール/ Profile

血統書の名義変更

ヒューゴの血統書、実はまだしゃりままに名義変更していませんでしたので、
今回JKCの会員登録と共に、名義変更をお願いしました。

名義変更後、今度は、アメリカに行ってからAKCの登録に書き換えたり
できるように、輸出証明の手続きをしてもらおうと思います。
[PR]
by schalihugo | 2010-03-17 22:07 | 渡航準備:その他

コンチネンタル航空でのペット移送

東京⇔ヒューストンの直行便があるのはコンチネンタル航空。

ペットの輸送に関する情報は、HPに細かく載っている。

ペットをお連れのお客様

コンチネンタル航空の場合、ペットの輸送は、「別送扱い」。
つまり、貨物としての輸送となるようです。

◎ コンチネンタル航空
輸送経路・・・直行便
輸送方法・・・別送扱い(貨物)
同じ便でいけるかどうか・・・HP上は不明なので要確認。
コスト・・・・HP上は不明だが、預かり手荷物より高くなると思われる。要確認。
[PR]
by schalihugo | 2010-03-17 21:00 | 渡航準備:航空会社

米国大使館に確認

2010年3月17日に在日米国大使館に確認(音声ガイダンス)。
電話: 03−3224ー5000(代表)

=======================================

アメリカにペットの犬を輸入する場合、
ペットの犬と、輸出検疫証明書をアメリカの到着地の空港の税関で提示して、
書類チェック後はそのまま入国(係留等なし)。

ほとんどの州で狂犬病の予防注射を義務づけているので、
狂犬病予防接種証明書(接種後30日以上、1年未満の有効期限内のもの)を持参のこと。

米国へのペットの輸入に関するUSDAのHPも参照すること。
http://www.aphis.usda.gov/import_export/animals/animal_import/animal_imports_pets.shtml
[PR]
by schalihugo | 2010-03-17 20:51 | 渡航準備:米国大使館

輸出/輸入手続き確認

2010年3月13日に動物検疫所成田支所検疫第1課に確認。
成田支所検疫第1課のメールアドレスが2010年2月25日から新しくなったようです。
新アドレス: na-k1@aqs.maff.go.jp

=======================================

輸出検査について(日本→米国)
1)出国7日前までの輸出検査申請書の提出
  (その際、マイクロチップ装着証明書、輸入検疫証明書、狂犬病予防注射済証、
   抗体検査結果証明書、狂犬病以外の予防接種証明書、米国が要求している書類
   を一緒に送付して確認してもらう)
2)開業獣医発行の健康診断書の取得
3)2)を出発当日犬と一緒に動物検疫所に持参

輸入検疫について(米国→日本)
1)マイクロチップの装着
2)狂犬病予防注射を2回接種する(1回目と2回目は30日以上あけて有効期間内に接種)
3)2回目の狂犬病予防注射のあと採血し、指定機関で抗体検査を行う
4)検査結果が基準値(0.5IU/ml)を上回っている場合、その国で180日間待機する
※上記1.〜3.まで日本で行い、検査結果(0.5IU/ml以上)が出た後出国する場合は
滞在国で180日間の待機は必要なし。
抗体検査の結果は採血日より2年間有効なので、2年を超える場合は再度抗体検査を行う。
狂犬病予防注射の有効期限が切れないように継続的に接種すること!
(有効期限が切れてから接種すると、抗体検査等やり直し)
5)帰国が決まったら、帰国の40日前までに届出書を提出(ネットで届出可能)して
動物検疫所から届出受理書を受領。
6)米国出発の10日程以内で健康診断を受け、Form A,Cに米国政府当局(USDA)の裏書取得
7)到着時、書類やマイクロチップの読みとりに問題なければ1時間程で検疫終了、帰宅
※米国では健康診断をする獣医さんは、USDAの認定である必要があるので要注意。

検疫制度は改正されることもあるので動物検疫所のHP等を定期的に確認する必要あり。

=======================================

アメリカに引越したあとも、常に帰国のことを考えて暮らさないといけません。
来月日本へ、なんてことになっても対応ができるように、狂犬病抗体検査は2年ごとに行うのが一番安心。
でも少なくとも、日本で抗体検査を行って、基準値を上回ることが証明されていれば、
そのあと狂犬病予防注射の有効期限が切れないように接種していれば、180日の滞在国待機なし
ということが分かったのは収穫です。
[PR]
by schalihugo | 2010-03-13 20:30 | 渡航準備:動物検疫所


2010年5月に東京からヒューストンに引っ越して来たコーギーのシャーリとベルジアンタービュレンのヒューゴのブログです。


by schalihugo

プロフィールを見る
画像一覧

<Profile>

しゃりまま:
南アフリカ、ドイツで合計7年間暮らした後、ドイツ系企業に勤務。「家庭犬のしつけ」に興味を持ち勉強を始め、2004年から東京のCan! Do! Pet Dog Schoolに所属。2010年5月に米国テキサス州に引っ越し、犬三昧な日々。CPDT-KSA.
ブログ ヒューストン犬便り

シャーリ(Schali):
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク。2002年8月14日生まれの女の子。しゃりままと一緒に3度ドイツに渡り、ドイツ、チェコ、フランス、ベルギー、ルクセンブルクを旅した旅犬。日本は北海道と沖縄に行って全国制覇・・・したつもり?!
2014年3月11日に、11歳6ヶ月で虹の橋へ旅立ちました。

ヒューゴ(Hugo):
ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン。2008年7月8日生まれの男の子。格好良いシティボーイを目指すはずが、インターナショナルシティボーイに路線変更。ともすると、カウボーイに変更か?!2013年7月、念願のCGC合格♪

最新の記事

いぬのきーもち♪
at 2015-03-17 23:23
バディくんが遊びに来た♪
at 2015-03-17 23:13
We ♡ Houstonの絵..
at 2015-03-14 22:13
折り畳みクレート
at 2015-03-13 23:59
宝物
at 2015-03-13 09:40
プレイデート
at 2015-03-12 23:20
しゃりがいなくなって、1年
at 2015-03-11 23:00
あの日から、もうすぐ1年
at 2015-03-10 23:59
また、雨!
at 2015-03-09 20:13
久しぶり!
at 2015-03-06 22:30

カテゴリ

全体
プロフィール/ Profile
Houston 日常
東京→ヒューストン
渡航準備:動物検疫所
渡航準備:米国大使館
渡航準備:航空会社
渡航準備:獣医さん
渡航準備:抗体価検査
渡航準備:その他
しゃりままのひとりごと
ヒューストンライフ
バードウォッチング
ドッグパーク/ Dog Park
旅(犬連れ)
旅(犬なし)
料理
しつけトレーニング
アジリティ/ Agility
ドッグショー/ Dog Show
雑誌のお仕事
乗馬
SPCA
獣医さん
Baby preparation
娘の成長記
テキサスの空
娘と犬たち
ひゅーの発作
Love photo
しゃりの旅立ち
お絵描き
未分類

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

お気に入りブログ

おちゃめな、プリティなS...
Schali's Tag...
どこまでもいっしょ。 ~...
Hugo's Allta...
那須高原のサンドラファミリー
SunSun Tia
Hugo's Tokyo...

ライフログ


旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧